伊勢湾海洋短波レーダー

利用方法

利用上の注意


【配信データについて】
 配信データは、観測状況によっては欠測となリますので、予めご了承ください。

【閲覧ブラウザについて】
 ご利用のブラウザはInternet Explorer6.0以上およびNetscape Navigator6.0を推奨いたします。

【注意事項について】
 データの品質管理には細心の注意を払っていますが、データの精度を公的に保証するものではありません。
したがって、データは利用者の責任において利用してください。国土交通省中部地方整備局ではデータの利用によるいかなる損害・不利益に関しても一切、責任を持ちません。また、商用の利用は禁止します。




ご利用方法


【リアルタイム情報】
 海洋短波レーダーで1時間ごとに観測した表層の流況の面的分布を画像データとして配信します。

【データのダウンロード】
@標準実データ:海洋短波レーダで1時間ごとに観測した流況数値データをCMLに準拠したXML形式で配信します。
 本サイト(「伊勢湾WEB-GIS」)から提供する環境データは全てこの形式を採用しています。本サイトが提供する「CMLデータ利用ツール」を利用すると、簡易にデータ結合・切り出し、フォーマット変換、グラフ作成等が可能となります。
A画像ファイル:1時間ごとに観測した流況の画像データを配信します。
B動画ファイル:1時間ごとに観測した流況の画像データから動画を作成し、配信します。
CCVTデータ:海洋短波レーダでは1時間ごとに観測した流況数値データをテキスト形式で配信します。
データフォーマットについては以下のファイルを参照してください。

CVTファイルのデータフォーマットについて